自動車保険の特約とは?

自動車保険を契約する際、通常補償の他にオプションとして付帯することができる補償が多数あります。これらは特約付帯という形式をとり、補償を拡大するものです。内容は様々なものがありますが、非常に便利で重要であるにも関わらず、内容を把握していないがために契約していなかったというケースに陥りがちです。

 

まず、相手方への賠償の際、支払額は時価額が基準となりますが、その場合十分な保険金が支払われないケースがあります。それを新価基準で支払う差額費用補償のものが存在します。また、基本的に示談は保険会社が代行するケースがほとんどですが、当方が無過失だった場合、契約している保険会社が示談に入ることができません。

 

そうなると交渉を当事者本人がおこなうことになりますが、相手が納得しなかったり、トラブルに発展したりするケースがあります。その際、保険会社の変わりに弁護士を雇い、間に入ってもらうための費用を補償するものもあります。この二種類は内容的にも非常に重要ですが、オプション付帯となっているケースがほとんどですので、契約時には注意が必要です。

 

また、出先での事故時に宿泊費や移動費用を補償するもの、修理中の代車の費用を補償するものもあり、家計の許す範囲でオプション設定を検討することが大切となります。