弁護士費用特約とは

弁護士費用特約は自動車保険の特約のひとつであり、一般的には契約時に特約を付帯するかどうかを選ぶシステムになっています。商品のパンフレットなどを参照すると、「弁護士費を雇う時の費用」程度の記載しかなく、事故の過失割合などで揉め、保険会社の査定に納得いかない時に使用する特約であるといった解釈が一般的です。ところが、保険会社のシステムや実際の事故を想定すると、決して軽視出来る特約でないことがわかります。本来、保険会社は事故時に必要な保険金を支払うのみで、過失割合や示談などは当事者間で決めることとなっています。しかし、ほとんどの自動車保険には、事故時に保険会社が相手方との交渉を行う「示談代行サービス」というシステムが付帯されています。このサービスがあることにより、契約者は前面に出ることなく、自動車事故のプロである保険会社が過去の判例などを基に示談や過失割合の決定を行います。ところが、この「示談代行サービス」には使用条件があり、契約者に過失が発生する場合に限られています。信号待ちの時に後ろから追突された、といった場合、100%相手方に責任があるということになり、契約者に過失は発生しません。本来なら単純に相手が損害を補償すれば済む話ですが、相手が素直に支払いに応じなかったり、世間的に言う「怖い人」であったりして、交渉に不安な場合があります。そのような時に弁護士を雇って代わりに交渉してもらおう、ということでこの特約が役立つのです。

コメントは受け付けていません。