ファミリーバイク特約特約とは

ファミリーバイク特約とは、原付もしくは125cc以下のミニバイクに有効な特約で、車の任意保険に付随しているものとして、加入すれば安くて手厚い補償を受けることができます。
加入条件はライダー自身、もしくは同居している家族の誰かが任意の自動車保険に加入しているということです。
ライダーが別居していても、自動車任意保険の記名被保険者が親ならば特約をつけることが可能ですが、未婚の子(婚姻歴なし)に限られるという決まりがあります。
普通、バイクの任意保険には等級制度というものがあり、加入直後は割引が小さく、保険料は高くなります。
しかも、ライダーの年齢が若い場合には、年齢条件の影響もあり、さらに負担金額は大きくなり、補償内容、ライダー年齢によっても金額は変わりますが、バイク任意保険料は年間10万円超となってしまうこともあります。
しかしこの特約なら、保険料はより手厚い補償の人身タイプで、高くても年間約3万円ぐらいに抑えることが可能となります。
自損タイプのみの場合ならさらにお安くすることも可能です。
気になるのが任意保険と特約保険の補償の差ですが、車両保険には入れない、搭乗者傷害が補償されないことを除けば、ほぼ同じ補償を受けることが出来ます。
対人、対物の賠償は車の契約内容と同等のものとなります。
しかも台数に制限がないので、金額が上乗せされることなく、125cc以下のバイクであれば何台でも加入し、補償を受けることが可能なのでお得になります。
さらに自分のバイクでなく、借りたバイクでも補償を受けることが出来るので、125cc以下のバイクに乗る場合には是非加入しておいたほうがいいでしょう。

コメントは受け付けていません。