人に関わる自動車保険と特約の詳細

自動車保険は万が一の事故などがあった際に備えるためのものであり、特に被害額が大きくなりがちな人に関わる保険は種類も豊富になっています。こうした保険では、本体の保険契約に加えて、特約と呼ばれるオプションの契約が設けられており、このなかで補償される範囲を調整しています。
例えば、「搭乗者傷害特約」は、契約中の自動車の搭乗者が、自動車事故によって亡くなったり、ケガをしたときに限り、死亡保険金・後遺障害保険金・医療保険金が支払われるという内容の特約です。これによって搭乗者が家族以外であったとしても保険金が受け取れるようになります。
「運転者限定特約」は、契約している自動車の運転者を特定の範囲に限定することを内容とする特約であり、これによって保険金が支払われる機会は減りますが、保険料をより安くすることが可能となります。これには配偶者限定、家族限定などの種類があるため、第三者に運転させることがないという場合には、保険料の節約の効果が高いものです。
同様に、運転者の年齢を条件とする特約もあり、例えば30歳以上という限定条件が付いていれば、30歳未満の運転者が事故に遭っても保険金は支払われませんが、その分保険料は安くなります。

コメントは受け付けていません。