自動車保険の特約の詳細 

自動車保険の自由化により、医療保険金特約・家族限定特約・ドライバー年齢条件特約・ドライバー本人限定特約・免責ゼロ特約・原付特約など、さまざまな特約がありますが、特約には、自動的に付帯されている自動付帯特約と、任意で付帯できる任意付帯特約があります。
特約はあくまでもオプションなので、特約だけでの単独契約はできませんし、全ての保険会社で取扱っているわけではなく、同名でも内容が異なる場合があるので、契約前に保険会社に確認する必要があります。
外せない特約に、弁護士費用特約があります。保険会社が示談交渉できない場合に弁護士費用を補償するものです。
加害者の過失がゼロの場合や、相手が無保険の場合は、弁護士が示談交渉をします。
法律で、示談交渉が許されているのは当事者か弁護士だけで、保険会社が示談交渉をすることは弁護士法に触れています。保険会社は、あくまで加害者の連帯保証人の立場で、被害者側と補償の話し合いをしているに過ぎません。
加害者の過失がゼロの場合は、相手方に賠償させるだけですから保険会社の出る幕ではありません。
相手が無保険だと、示談に向けての話しが一向に進まないことが多々あります
そのため、弁護士費用特約があれば、弁護士に示談交渉を依頼できます。
また、個人賠償責任保険特約を付ければ、年間1000円程度で、交通事故以外で契約者や同居家族が日常生活の中で起こした全ての賠償事故(他人にケガをさせたり、他人の物を壊したとき等)を補償してくれます。

コメントは受け付けていません。