人身傷害補償特約とは

自動車保険の加入時に追加できる特約に「人身傷害補償特約」と呼ばれるものがあります。自動車事故の損害賠償額は、損害額と過失割合に基づいて決定しますが、この特約をつけると、自動車事故によって人的被害が出た場合に、過失割合の大小に関係なく、特約で定めている支払い基準にのっとって保険金が支払われるようになります。支払われる保険金の範囲は契約している保険金の上限までです。
多くの損害保険会社では、この特約については「一般タイプ」と「搭乗中のみタイプ」の2種類を設けています。一般タイプでは、契約している自動車については全ての搭乗者が補償の対象となり、記名被保険者とその親族については、契約している自動車以外の車両に乗車中の事故と、歩行中もしくは自転車搭乗中に遭遇した自動車事故についても補償の対象となります。これに対し、搭乗中のみタイプは、補償の範囲を契約している自動車に乗車中の事故のみに限定する内容ですが、一般タイプより保険料が少し安くなります。
この特約を追加する際に注意しなければならない点は、自分以外の家族の誰かが同じ特約がついた自動車保険を契約していたり、2台以上の自動車を保有していると、補償内容が重複することがある点です。補償内容が重複したままだと、本来支払うべき保険料より余分に保険料を支払っているような状態になります。この特約をつけるかどうかは、必ず契約内容を確認してから決めましょう。

コメントは受け付けていません。